顔出ししないお店はどうやって探す?

デリヘルで働く上で最も注意したいのは身バレでしょう。最も効果的な対策は顔出しをNGにすることです。顔出し無しのデリヘルを探すのであれば、風俗求人サイトのこだわり検索を利用しましょう。こだわり検索とは条件を指定することで、条件にマッチした求人だけをピックアップすることが出来るシステムです。そこで、顔出し無しのデリヘルに応募しましょう。ピックアップされた風俗店のサイトをきちんと確認して、顔出しが無いとしっかり明記されているところを選びましょう。(参考例:大阪十三の風俗求人サイト)

また、近年は多くのデリヘル嬢がプロモーションとしてブログやツイッターの更新を行っています。ブログやツイッターを見たお客さんから指名が入ることもありますので、しっかり稼ぎたい女性にとって欠かせないツールでしょう。風俗店で働くようになったら使用する機会もでてくるかと思いますが、そこで身バレに繋がるものを写さないようにしてください。例えば窓から外の景色が写り込むことで自宅が特定されることもあります。

さらに、大学生の場合はテキストなどが写り込むことで大学がバレることもあるでしょう。また、自分の行動範囲が知られる可能性もあります。これは身バレに繋がる危険性だけでなく、ストーカー被害を避ける意味もあるのです。自分のありのままを書くのではなく、別人を演じるような感覚で更新することをおすすめします。

顔バレ対策について

デリヘル遊びをするお客さんはまずお店のホームページにアクセスし、そちらに掲載されているプロフィールを見て女性を選びます。プロフィールには写真が掲載されているので、顔出しをしてしまうと簡単にバレてしまいます。そのことから、多くのデリヘルでは顔にモザイク処理をしているのでバレる心配はありません。

さらに、最近は技術が発達したことで、ウエストのクビレやバストアップの加工が簡単に出来ます。本人のスタイルよりも良いスタイルに変身させることが出来るのです。そのため、首から下が写っていたとしてもバレることは無いでしょう。

また、プロフィールにはスリーサイズや身長、年齢、出身地などを記載しているものですが、これらを変えることも可能です。そのため、全くの別人としてプロフィールを作ることが出来ます。中にはこういったプロフィールに関して、お客さんに罪悪感を覚える女性もいることでしょう。しかし、こういったプロフィールの微調整は、風俗の世界において常識となっており、デリヘル遊びをする男性もそれを理解した上で楽しんでいます。そのため、あまりにかけ離れたプロフィールでなければ、多少の加工は問題ありませんので安心しましょう。

風俗求人とプライバシー対策

未経験でも高収入が得られるチャンスがあることから、デリヘルアルバイトを考えている女性は多いことでしょう。しかし、何よりも気になるのは顔バレや身バレでしょう。デリヘルは性的なサービスを行うことから、彼氏や夫にバレてしまうと大きなトラブルに発展してしまうのです。そのため、デリヘルで働く女性は顔バレと身バレについて対策をしなければなりません。

もちろん、デリヘルのスタッフ側も在籍女性のプライバシー対策を行っています。代表的な対策はアリバイ会社でしょう。アリバイ会社とはダミーの名刺を作成してくれるのです。こちらの名刺はダミーですが、会社名、電話番号、メールアドレスなどが記載されており、見ただけでは本物の企業の名刺と間違えてしまうでしょう。そのため、ダミーの名刺を見せるだけで一般企業に勤めている振りが出来るのです。

しかし、ダミーの名刺には電話番号とメールアドレスが記載されていますが、こちらに連絡が来たらどうなるのでしょうか。こちらの番号に電話をかけるとアリバイ会社のスタッフが対応して、「本人は不在ですので後ほどお電話差し上げます」と伝えてくれるのです。さらに、メールアドレスの方は自分の携帯電話に転送されますので、携帯電話から受信と送信が出来ます。そのため、電話番号やメールアドレスに連絡をされても問題ありません。

そのほかに顔バレ対策も必要ですが、こちらでは代表的な顔バレ対策を紹介いたしますので、風俗求人選びの参考にしてください。